クールオープニング.ラボが出版に携わった書籍を
ご紹介します。

電子書籍

5倍ラクに集客できる、
小さい会社に最適な集客ツール

Amazonで発売開始しました。電子書籍で、価格は99円です。
5倍ラクに集客できる、小さい会社に最適な集客ツール

(以下、Amazon販売ページ商品説明を引用しています。)

あなたは今スグに売上をあげる必要に迫られたとき、何をするでしょうか?
インターネットで広告を出稿しますか?それとも、ブログやSNS、ステップメールを利用しますか?

今の時代、インターネット、テレビ、書籍、雑誌など、ありとあらゆる情報であふれかえっています。

このような環境に身をおいていると、ついつい今の自分にとって重要ではない情報に手を出してしまいがちです。

自分にとって重要ではない情報とは、つまり、あなたにとっては余計な何か、です。

今スグに売上をあげる必要に迫られたあなたにとって、余計な何か、は重要ではありません。

では、あなたにとって、重要なこととは何でしょうか?

小さい会社の経営者であるあなた、個人事業主であるあなたにとって、大企業向けの情報は必要ありません。

大企業に比べ、圧倒的に資金力で劣るスモールビジネスでは、集客に莫大な広告費をかけることもできません。

そんな状況におかれている、あなたには、広告費などのコストもできるだけ抑えることができ、取り組みやすい方法が必要です。

ムリする必要はありません。もっとラクに集客できる方法を選びましょう。

~目次~
◆あなたは今スグに売上をあげる必要に迫られたら、何をするか?
◆中小企業やスモールビジネスにおいて、最大の強みとは何か?
◆顧客管理がしっかりできている会社とできていない会社の違いとは?
◆今、あなたがやるべきこととは?
◆売上を安定させる方法とは?
◆既存客を優遇することで得られる、あなたにとって大きな2つのメリットとは?
◆リピートしてもらうにはどうすれば良いか?
◆コミュニケーションをとる具体的な方法とは?
◆コミュニケーションをとる、その入り口としてのツール
◆セールスレターとは目的が違う
◆なぜ、効果が高いか。2つの大きな理由とは?
◆制作するための5つのポイントとは?
◆避けるべきテーマとは?
◆最後のまとめ

集客とセールスは、ビジネスをするなかで重要な要素です。

中小企業やスモールビジネスでは、大企業に依存するなど、集客とセールスを他者に頼り切っていることがとても多いのが現状です。

安定した経営を実現していくためには、自分で自社で、集客とセールスをコントロールする必要があります。

この集客ツール、マーケティングツールを学び、ぜひ活用してください。

5倍ラクに集客できる、小さい会社に最適な集客ツール

ゼロからはじめるインバウンドマーケティング
お客様に見つけてもらう集客術

Amazonで発売開始しました。電子書籍で、価格は99円です。
ゼロからはじめるインバウンドマーケティングお客様に見つけてもらう集客術

(以下、Amazon販売ページ商品説明を引用しています。)

無料で集客できるのであれば、お金をかけるよりもその方がイイですよね。
ガンガン広告に資金を投入していくのではない、正反対のマーケティングを解説しています。

それが、インバウンドマーケティングです。

スモールビジネスを展開している、小さい会社の経営者や個人事業主必見のマーケティング手法です。

インバウンドマーケティングを成功させるためには、いかにお客様に見つけてもらえるか、がポイントになります。

お客様の消費行動は時代の経過とともに変化しています。
さらに今、スマートフォンが消費者の必携ツールになったことから、これまで以上にインターネットへのアクセスが容易に、そして快適になっています。

この環境の中で、あなたは、失敗しないスモールビジネスを展開していかなければなりません。

ライバルとの競争も激しくなるでしょう。
そんな時、あなたからお客様にアピールし続けるのではなく、お客様があなたを見つけてくれるとしたら、ビジネスがラクになると思いませんか?

~目次~
◆インバウンドマーケティングの有効性とは?
◆インバウンドマーケティングに必要な2つの要素
◆見つけてもらう集客方法を成功させる2つの戦略その①
◆見つけてもらう集客方法を成功させる2つの戦略その②
◆インバウンドマーケティングに必要なものはコンテンツ
◆見込み客に「見つけてもらう」には、コンテンツをつくることが大切
◆コンテンツは隠してはいけない!
◆コンテンツを隠してはいけない、もう一つの理由
◆スモールビジネスこそやるべき集客方法とは
◆ブログをいかに始めるか?
◆ブログ記事を書く3つのポイント
◆オファーでメールアドレスを集める
◆メルマガを活用しよう
◆ステップメールを活用しよう
◆SNSを活用しよう
◆Youtubeを活用しよう
◆集客したい理想のお客さん像は?
◆見込み客はどのくらい集めるべきか?
◆スモールビジネスに有利なマーケティング
◆対面販売もネット販売もお客さんとの関係づくりが大切!

いかにして、お客様から見つけてもらうか、、、
大企業のような巨大資本ではないスモールビジネスが取り組むべき、マーケティング手法を解説しています。

小さい会社の経営者、個人事業主。そして、これから独立起業・開業する方必見です。

ゼロからはじめるインバウンドマーケティングお客様に見つけてもらう集客術

2016年4月25日改訂

これからはじめる人のための
インターネットビジネス成功の教科書~初級編~

Amazonで発売開始しました。電子書籍で、価格は150円です。
これからはじめる人のためのインターネットビジネス成功の教科書~初級編~

(以下、Amazon販売ページ商品説明を引用しています。)

あなたはインターネットビジネスでこんな間違いをしていませんか?

意外と思うかもしれませんが、インターネットをビジネスに取り入れることさえすれば、集客もセールスもうまくいくと思っているビジネスパーソンはたくさんいます。

インターネットをビジネスそのものと勘違いをしてしまっているのです。

もし、あなたがインターネットさえ取り組めば、ビジネスがうまくいくと思っていたとしても、それは、あなたのせいではありません。

あなたもご存知のとおり、今の時代、たくさんの情報があふれかえっています。その情報を手に入れると、次から次へと情報を求め、探し回ってしまうのです。

情報が少ないのではないかという焦り、成功者は特別な情報を手にしているのではないかという感情・・・

情報に振り回されることなく、インターネットにどう向き合えば良いのか、どのようにインターネットを使い、ビジネスを展開していけば良いのか。

基本の基本から解説しています。

~目次~
◆インターネットは、あくまでも「手段」
◆効率的に売上を上げていく、ビジネスの流れ
◆見込み客を集める
◆見込み客をお客さんにかえる
◆お客さんを常連客にかえる
◆見込み客を集めるための具体的な方法
◆アクセスを集める方法
◆広告は儲けるために出してはいけない
◆お金をかけずにアクセスを集めることは、間違いなのか?
◆見込み客をお客さんにかえるために、フォローアップをする
◆見込み客をお客さんにかえるために、セールスをする
◆セールスのポイント、オファーを強くする
◆お客さんを常連客にかえるために必要な、顧客維持

あなたのビジネスにインターネットを取り入れる理由は何でしょうか?

インターネットさえビジネスに取り入れれば、ビジネスがうまくいくという思いから離れ、いま一度、ビジネスを考えてみませんか?

これからはじめる人のためのインターネットビジネス成功の教科書~初級編~

スマホ集客の成功は8秒で決まる!
市場分析+サイト設計編

Amazonで発売開始しました。電子書籍で、価格は150円です。
スマホ集客の成功は8秒で決まる! 市場分析+サイト設計編

(以下、Amazon販売ページ商品説明を引用しています。)

2015年2月27日(金)、インターネット業界の巨人であるGoogleが、とある発表をおこないました。(以下、Googleモバイルガイドから引用)

Googleが「検索結果をもっとモバイル フレンドリーに」というタイトルでおこなった、その発表をあなたは知っていますか?その発表の内容とは、、、、「2015年4月21日より、ウェブサイトがモバイルフレンドリーかどうかをランキング要素として使用し始めます。この変更は世界中の全言語のモバイル検索に影響を与え、Googleの検索結果に大きな変化をもたらします。この変更によって、検索ユーザーは、クエリへの関連性が高く、使用端末にも適した高品質な検索結果を見つけやすくなります。」というもの。簡単に言うと、検索ユーザーがモバイルから検索したときに、あなたのウェブサイトがモバイルに対応していないと、検索順位が下がります、ということです。そこで多くの会社やお店がおこなった対策は、レスポンシブWebデザイン。でも、レスポンシブWebデザインでは、スマホユーザーを集客することはできません。

なぜなら、レスポンシブWebデザインは、検索結果の順位を下げないための対策だからです。

2014年12月末時点で、スマートフォンの契約数は、6,544万を超えています。これだけの大きな市場が、あなたの目の前には広がっています。でも、多くの会社やお店は、スマホユーザーを集客するための対策ではなく、検索順位を下げないための対策しかしていません。

もし、この状況のなかで、あなたがスマホユーザーを集客するための対策をしたら、いったいどうなるでしょうか?

あなたがこのチャンスを逃してしまうのであれば、これまでと同じように集客に苦労することを続けていくことでしょう。もし、あなたのライバルがあなたよりも先に、スマホユーザーの集客に本気で取り組んだら、スマホユーザーを独占されてしまうでしょう。ここでライバルにつけられた差は、そう簡単には埋まりません。

目次
◆はじめに ≪事実≫2014年12月末時点のスマホ契約数は6,544万超!
◆大きな間違い① レスポンシブWebデザインは必須である
◆大きな間違い② スマホ対策はレスポンシブWebデザインで十分
◆大きな間違い③ レスポンシブWebデザインでスマホから集客できる
◆現在の市場規模と今後の予測 2014年12月末時点のスマホ契約数は、6,544万超!
◆あなたが集客のターゲットにすべきスマホユーザーとは?
◆スマホ集客が期待できる業種とは?
◆あなたのビジネスはスマホから集客を期待できるか、その判断方法とは?
◆現在の環境をまとめてみる
◆スマホから集客するには、今がベストなタイミング
◆歴史は繰り返す!?
◆スマホサイトはパソコンサイトのサブ的な存在ではない
◆集客するためのスマホ専用サイト
◆スマホ集客専用サイトの絶対条件
◆スマホにあわせた、サイト設計
◆方法論やノウハウだけでは集客できない、知識を活かすためのツールが必要

スマホ集客の成功は8秒で決まる!市場分析+サイト設計編では、現在のスマホ市場の状況の分析から、どのようなスマホサイトを準備すればスマホユーザーを集客することができるのかまで、ご紹介しています。

多くの会社やお店がおこなったレスポンシブWebデザインという、スマホ対策は、スマホユーザーを集客するための対策ではありません。あくまでも、検索順位を下げないための対策なのです。もし、あなたが、これまでスマホユーザーを集客することができていなかったのであれば、これからも集客ができることはないでしょう。

あなたは、2015年中にはスマホ契約数が7,000万を超えると予測されている、この大きな市場にアプローチすることを選びますか?

それとも、今までと同じ現状維持で満足しますか?

スマホ集客の成功は8秒で決まる! 市場分析+サイト設計編

「起業」という選択肢を考える!
情報発信ビジネス起業 リスクを負わない、慎重な人の起業。

Amazonで発売開始しました。電子書籍で、価格は99円です。
「起業」という選択肢を考える! 情報発信ビジネス起業 リスクを負わない、慎重な人の起業。

(以下、Amazon販売ページ商品説明を引用しています。)

よく耳にする言葉に「リスクを負わないことが、リスク!」というものがあるのですが・・・・この本は、次の3つのテーマを中心にお伝えしています。

  • 慎重な人が起業は成功する
  • リスクを負わない
  • ビジネスで新しいライフスタイルを実現

この本でたびたび出てくる言葉が「リスクを負わない」です。

冒頭に「リスクを負わないことが、リスク!」とよく耳にすると書きましたので、矛盾しているのでは? そう、あなたは思うかもしれません。

でも、決して矛盾ではありません。 この本でお伝えする「リスクを負わない」とは、「負う必要のない、リスクを負うな!」ということなのです。

僕自身は、35歳で起業しましたが、起業そのものにリスクを感じることもありませんでした。むしろ、当時の仕事をそのまま続けることにリスク、危機感を抱いていました。起業当初、成果がでるまでの期間は、預金残高が日々減っていきましたが、そんな状況もリスクとは思いませんでした。

でも、この状況をリスクと感じる人もいます。 リスクは人によって異なります。

ある人にとってのリスクは、別の人にとってリスクではない、そういうことはよくあることですし、当然のことでもあります。ということは「あなたのリスクと、他人のリスクは同一ではない」ということです。

では、あなたがもし、ビジネスを自分自身でやるとするのであれば、「ビジネスをはじめること」「起業すること」において、どんなことが「リスク」になるでしょうか?

ビジネスを自分で行い、自分で稼ぐことにおいて、何が「リスク」になると思いますか?ビジネスにおいて、多くの人が気になるのは、おそらく「時間」と「お金」だと思います。

もしかしたら、あなたにとっても「時間」「お金」が気になることかもしれません。成果がでるまでの「時間」、成果が出るまでに費やす「お金」が気になるはずです。

もちろん、ビジネスで得ることができる「お金」も。

仮に、家族や子どもがいれば、なおさら気になることになるでしょう。成功するかどうかは、一か八かのギャンブル・・・・このように起業やビジネスに、ギャンブル的な要素を感じるからこそ、「リスク」に思うようになるのです。でも、起業すること・ビジネスをはじめることは、決してギャンブルではありません。

あなたがこれまでに耳にしたことがある成功者の話はどれも、波瀾万丈に満ちた魅力的なストーリーだったかもしれません。でも、実際のところは、おもしろいストーリーだから注目されるだけのことなのです。

すべての成功者が波瀾万丈の人生を歩んでいるのであれば、それは決して珍しいストーリーではありませんから、取り上げられることもありません。つまり、起業家のほとんどは、ギャンブル的なハラハラドキドキするような人生を歩んでいるわけではない、ということです。

起業して、ビジネスをはじめて、あなたが望んでいるような結果を手にするためには「リスク」を負わずに、「リスク」を排除していくほうが確実ですし、望む成果を手にする近道です。絶対に「必要のないリスク」は負うべきではありません。

【目次】
はじめに
第1章 起業するためではなく起業を成功させるために知っておくべきこと。
・その1「考える視点が違う!?」
・その2「起業=ゴールではない」
・その3「あなたは何をするの?」
第2章 多くの起業家がビジネスに失敗する理由。
・その1「起業ノウハウはどうすれば成功するか、成功方法が基本」
・その2「失敗の原因・・・判断する基準がもっていない」
・その3「失敗の原因・・・誰かに言われたことをやるだけ」
・その4「失敗の原因・・・やることが多すぎる」
・その5「ビジネスは継続のうえに成り立つ」
第3章 あなたのこれまでのライフスタイルでこれからもリスクはないのか?
・その1「人生を楽観 or 悲観」
・その2「もらうだけで大丈夫?」
・その3「個人の時代の生き方」
第4章 リスクを負わない、本当の意味。
・その1「2種類のリスク」
・その2「固定観念もリスクになる」
・その3「あなたにとってのリスクは?」
・その4「慎重な起業家二人」
・その5「リスクを知ることで、リスクを避けることができる」
・その6「チャレンジすれば良いわけではない」
第5章 起業が成功するために、慎重であることがイイ理由。
・その1「負う必要のないリスクを負わずに起業する」
・その2「慎重な起業のススメ」
・その3「イメージに縛られてはイケナイ」
・その4「最悪を避けるためにはリスクを負わない」
・その5「慎重であることを間違えてはいけない」
・その6「リスクを負わない、最悪を避けるとは、何をすればイイのか?」
第6章 起業に必要なことは、ハードワークではなく、準備。
・その1「考える視点が間違っている」
・その2「準備を怠る起業家が多い」
・その3「今、できることをやる」
第7章 スモールビジネスの経営者が抱える共通の3つの課題。
・その1「たくさんの悩み・・・などない」
・その2「質 > 量」
第8章 あなたは情報を捨てる勇気がありますか?
・その1「多すぎる情報を捨てる」
・その2「新しく仕入れる情報は、解決策にならない」
・その3「まずは、できることに集中する」
・その4「今すべきことを明確にする」
・その5「やるべきことはシンプル」
第9章 情報の価値とは、何なのか?
・その1「情報そのものに価値があるわけではない」
・その2「情報のまとめ方・情報の切り口」
第10章 情報発信ビジネスで起業することを薦める理由。
・その1「ビジネスで情報発信は必須」
・その2「情報発信ビジネスがやりたいわけではないとしても」
・その3「実績を売らない」
・その4「あなたが情報発信ビジネスで打ち出すもの」
第11章 ビジネスは継続できるかが重要。成功より失敗しないほうが大切。
・その1「ビジネスは継続のうえに成り立つ」
・その2「失敗するリスクを取り除くことが、最善の道」
・その3「たった一度の大きな成功だけでは続けられない」
・その4「たった一つの思考の変化で変えることができる」
第12章 あなたの人生の「選択肢」を考えるための
おわりに

ひとりでできる! “集客”バイブル
小さな会社と個人ビジネスが勝つための戦術

Amazonで発売開始しました。電子書籍で、価格は99円です。
ひとりでできる! “集客”バイブル
小さな会社と個人ビジネスが勝つための戦術

(以下、Amazon販売ページ商品説明を引用しています。)

自分ひとりで取り組むことができる9つの集客方法を知りたい人は他にいませんか?

一人でも実践できる9つの集客方法と読者限定の無料特典をご用意しました。

ビジネスに欠かせない重要な要素のひとつが「集客」です。
しかし、「集客」はビジネスに欠かせないにもかかわらず、多くの起業家・経営者が「集客」に苦戦していることも事実です。
この事実は、いつの時代でも変わらず存在するビジネスの課題です。

大企業に比べて知名度の低い家族経営のような小さな会社や個人ビジネスにおける「集客」の課題・悩みはさらに深刻です。
もしかしたら、あなたも「集客」に課題や悩みを感じている起業家・経営者の一人なのかもしれません・・・

では、もしあなたが抱える「集客」の課題や悩みをひとつでも解決することができたら、
あなたのビジネスにどのような変化をもたらすことになるでしょうか? 想像してみてください。

本書では、9つの集客方法をお伝えしますが、一つ一つを完璧にする必要はありません。
言葉は悪いですが「そこそこ」で構わないのです。

一つの集客方法をマスターし、完璧を目指すよりも大切なことは、一つの集客方法にこだわり過ぎないことです。
見込み客を集める方法を一つしかない持たない状況で、もし、その集客方法が効果を失ったとしたら・・・想像は難くありません。

是非、これからご紹介する9つの集客方法を実践してみてください。

9つの集客方法は、どの集客方法も”ひとり“で実践できる集客方法ばかりです。
でも、「そんな集客方法知っている、、、」と言われるような集客方法ばかりかもしれません。

あなたが求めてきた目新しい集客方法が必ずしも一番良い方法ではありません。
聞いたこともないような目新しい集客方法を探すことよりも重要なのは、現実的に実践できる集客方法を実際に試し、効果を測ることです。

9つの集客方法では、個人で取り組むことができない、不可能な「集客」について、お伝えすることはありません。
もちろん、専門家に依頼した方がより大きな成果になる集客方法もありますが、個人で実践することができない集客方法ではありません。

繰り返しになりますが、ご紹介するすべての集客方法が、ひとりで取り組めます。
ですが、個人それぞれにおいて、ハードルの高さは違います。これは、才能の差ではなく、個人の得意・不得意の差です。
そして、ハードルの高さは行動してみなければ、わかるものでもありません。

だからこそ、「簡単そう」「取り組みやすそう」な集客方法だけを実践して、途中でやめることは避けてください。

是非、あなたが取り組みやすい集客方法から始め、実際に行動することを最優先と考えてください。
そして、順番にすべての集客方法を実践することをお薦めします。

読者限定の無料特典をご用意しましたので、是非、無料特典をご申請ください。
読者限定の無料特典のひとつは、ある集客術の攻略法です。

目次
はじめに
第0章  個別の集客方法をお伝えする前に
第1章  どこに広告看板を立てるか、それが集客。
第2章  ブログ集客は間違えやすい!?
第3章  動画を活用するYouTube集客
第4章  音声コンテンツを活用するPodcast集客
第5章  セールスにつなげるためにセミナーを集客の手段として活用する
第6章  集客に電子書籍を活用する
第7章  スマートフォン集客(スマホ集客)はスマホユーザーがターゲット
第8章  有料広告(PPC広告)で集客する
第9章  無料レポートで集客する
第10章 物販(ネットショッピング)ビジネスの集客
おわりに
読者限定特典

ひとりでできる! “集客”バイブル
小さな会社と個人ビジネスが勝つための戦術

情報発信をビジネスにする

Amazonで発売開始しました。電子書籍で、価格は99円です。
情報発信をビジネスにする

(以下、Amazon販売ページ商品説明を引用しています。)

あなたは情報発信について、こんな間違いをしていませんか?
「別の人がもう情報発信している・・・」
「こんなこと、みんな知っているだろう・・・」
「自分より詳しい人なんてたくさんいる・・・」
あなたがもし、こんなことを思っているのであれば、それは違います。
あなたは情報や知識・ノウハウなどに対して、ちょっとした勘違いをしているかもしれません。
そのちょっとした勘違いに気がつくことで、ほかの人へのアドバイスはもちろん、もっと気楽に情報発信ができるようになります。

本書は「情報発信をビジネスにする」というタイトルのとおり、情報発信をどのようにビジネスにしていくのか、をテーマにしています。
今の時代、誰しもが情報発信をしています。ブログ、Facebook、Twitter・・・etc.
でも、多くの人は情報発信をした“だけ”で終わっています。なぜなら、情報発信がビジネスとして成り立つことを知らないからです。
もちろん、ビジネスなんて最初から考えていない、そんな人もいるでしょう。でも、こう考えるとどうでしょうか?

もし、情報発信することで、今の収入が増えるとしたら、、、

『情報発信をビジネスとして成り立たせる』ということをカンタンに言ってしまえば、
仕事もお金も他人が用意したものを“もらう”のではなく、自分でつくりだす(=自分で稼ぐ)ということ。

『自分で稼ぐ』ということは、中心に自分がいなければなりません。
すべてが自分から始まる(=自分から情報発信する)からこそ、自分でコントロールすることができ、ビジネスとして成り立つのです。
「ビジネス」というと、起業を思い浮かべるかもしれませんが、別に副業でも構いません。

ビジネスに取り組む初期は、仕事から自宅に帰ってきてからの時間や休日を使ってスタートするのでも十分です。

では仮に、あなたがすでにビジネスをしている場合、本書「情報発信をビジネスにする」は無駄かというと、そんなことはありません。
もちろん、本書を多くの人に手に取って欲しいとは思いますが、それだけの理由で「無駄ではない!」と言っているわけではありません。
本書が無駄にならない理由のひとつは、「ビジネスは情報発信からはじまる!」からです。
当たり前のことですが、情報発信が必要ないビジネスなど存在しません。
情報を発信することはビジネスをするうえで、絶対に必要なことなのです。

あなたがすでにビジネスに取り組んでいるなら、、、
あなたが起業を検討しているなら、、、
あなたが副業で収入を増やそうと考えているなら、、、

是非、情報発信について、考えてみてください。

目次
はじめに
第1章  不安な気持ちはプラスに働く。
第2章  情報の価値を考える。
第3章  情報発信では実績を売らない!
第4章  あなたが情報発信で打ち出すもの。
第5章  経験を売る。
第6章  「量」は重要。でも、それだけではダメ。
第7章  情報発信ビジネスを失敗する理由。
第8章  セルフイメージが成否を分ける!?
第9章  今から情報発信をビジネスするからこその強み
第10章  コンテンツ販売 ⇒ コンサルティング
第11章  高い利益率を実現するために必要なこと
第12章  情報発信の要になるモノ。
第13章  情報発信ビジネスの今後と取り組み方。
おわりに
読者限定特典(ひとりでできる!“集客”バイブル)

読者限定特典(ひとりでできる!“集客”バイブル)では、自分一人でも実践できる9つの集客方法をご紹介します。

情報発信をビジネスにする

スマホ集客の成功は8秒で決まる!
7,237万の市場でお客様はスマホであなたを探している

Amazonで発売開始しました。電子書籍で、価格は99円です。
スマホ集客の成功は8秒で決まる!
7,237万の市場でお客様はスマホであなたを探している

(以下、Amazon販売ページ商品説明を引用しています。)

あなたは見込み客がパソコンを利用することからスマホを利用することへ移っていることを知っていますか?
多くの人たちが日常におけるインターネット利用をパソコンからスマホへ変えています。

一家に一台パソコンの時代から一人一台スマホの時代になっているのです。
この状況は、さらに加速するでしょう、、、なぜなら、格安スマホの普及や大手通信会社の料金見直しによって、
スマホの利用が、より身近なものになることが必然だからです。

あなたのライバルや競合はまだ、スマホユーザーの集客に取り組んでいません。

スマホユーザーを意識しているのは、インターネットの雄であるGoogleも同じです。
Googleは、GoogleAdWordsの広告枠をこれまでの11枠から7枠に減らしました。
この広告枠変更は、まさにスマホユーザーを意識した仕様変更なのです。

このような環境の変化があるにもかかわらず、あなたのライバルや競合はまだ、スマホユーザーを意識する重要性に
気がついていません。

もし、この状況のなかで、あなたがライバルや競合に先駆けて、スマホ集客に取り組めば、あなたのビジネスはどう変化するでしょうか?
スマホ集客は、あなたのビジネスを一変させる可能性を秘めている集客方法です。

逆に、あなたよりもライバルが先にスマホ集客に取り組めば、見込み客を根こそぎ持っていかれてしまう可能性があるということです。

あなたはライバルに先駆けてスマホ集客に取り組みますか?
それとも、ライバルがスマホ集客で見込み客を大量に獲得する様子を指をくわえて見ていますか?

是非、この機会にスマホ集客を検討してみてください。
※無料の読者限定特典をご用意しています。
・電話問い合わせに対応したスマホサイトテンプレート
・メールアドレスの獲得に対応したスマホサイトテンプレート他

~目次~
■≪事実≫2015年9月末時点のスマホ契約数は7,237万超!
■大きな間違い① レスポンシブWEBデザインは必須である
■大きな間違い② スマホ対策はレスポンシブWEBデザインで十分
■大きな間違い③ レスポンシブWEBデザインでスマホから集客できる
■現在の市場規模と今後の予測
■あなたが集客のターゲットにすべきスマホユーザーとは?
■スマホ集客が期待できる業種とは?
■あなたのビジネスはスマホから集客を期待できるか、その判断方法とは?
■スマホから集客するには、今がベストなタイミング
■歴史は繰り返す!?
■スマホサイトはパソコンサイトのサブ的な存在ではない
■集客するためのスマホ専用サイト
■スマホ集客専用サイトの絶対条件
■スマホにあわせた、サイト設計
ーお客様からの反応が高い、タテに長いセールスページ型のデザイン
ーお客様をサイトから離脱させないために、メニューボタンは不要
ー最初に目に入るメイン画像でお客様にアピールできるレイアウト
ーお客様がスグに行動しやすいように、電話ボタンを設置
ーお客様があなたの会社や店舗まで迷わないように、アクセスマップへリンク
ーパソコンからの検索はパソコン用サイトへ誘導し、スマホからの検索にはランディングページ型スマホサイトへ誘導する振り分けができる
■方法論やノウハウだけでは集客できない、知識を活かすためのツールが必要
■読者限定無料特典

※無料の読者限定特典をご用意しています。
・電話問い合わせに対応したスマホサイトテンプレート
・メールアドレスの獲得に対応したスマホサイトテンプレート他

スマホ集客の成功は8秒で決まる!
7,237万の市場でお客様はスマホであなたを探している

クレームを生まないセールス
~いかに見込み客にフロントエンド商品を買ってもらうか~

Amazonで発売開始しました。電子書籍で、価格は99円です。
クレームを生まないセールス
~いかに見込み客にフロントエンド商品を買ってもらうか~

(以下、Amazon販売ページ商品説明を引用しています。)

以下、ご注意ください。
※ボリューム重視で電子書籍をご購入する方へ、本書のボリュームをご確認のうえ、ご購入ください。
※最新のノウハウや情報を仕入れ、知識欲を満たしたい方へ、本書にはそのような情報は記載されておりませんので、ご注意ください。
※本書は、これからビジネスに取り組もうとしている方。すでにビジネスに取り組んでいる方。そんな小さな会社や個人ビジネスの経営者や起業家向けの電子書籍です。

「クレームが来たら、どうしよう・・・」という不安を抱えているあなたへ

本書は、クレームへの不安によって思い切ったセールスができない方や今現在クレームに悩んでいる方のための書籍です。

本書は”フロントエンド商品をいかに見込み客に買ってもらうか”をテーマに、フロントエンド商品のセールスでクレームを生まないための考え方をご紹介しています。

あなたはクレームを生まないセールスのために必要な●●感がわかりますか?

あなたは二度目、三度目のセールスにつなげるために必要な■■感がわかりますか?

本書には、あなたがこれまでに見たことも聞いたこともないようなノウハウや情報はありません。でも、ご紹介する考え方を実践している人はごくごくわずかしかいません。

本書を読み、「なんだ、そんなことか・・・」と思う前に、是非、実践してみてください。

メールアドレス登録不要の読者限定無料特典もありますので、チェックしてみてください。無料特典では、9つの集客方法をご紹介しています。

~目次~
◆PROLOGUE. なぜ、クレームが生まれるのだろう・・・
(1)賛辞と酷評は隣り合わせ
(2)「評価してやろう」という消費者
(3)クレームを無視しても、不安は消えない
◆SECTION1. クレームを生まないビジネス
(1)質を下げるな!
(2)最初が肝心! 17
(3)必要なステップを踏む
(4)目指すのは利益の最大化
◆SECTION2. クレームを生まないセールス
(1)お試しでは量を調整する
(2)返金の経験者を排除する
(3)価値を決めるのは商品購入者
◆EPILOGUE. クレームの負担は想像以上に重い
◆読者限定無料特典(メールアドレス登録不要)

メールアドレス登録不要の読者限定無料特典もありますので、チェックしてみてください。無料特典では、9つの集客方法をご紹介しています。

電子書籍は読むものではない!電子書籍は出版するもの!!
電子書籍をビジネスに活用する方法

Amazonで発売開始しました。電子書籍で、価格は99円です。
電子書籍は読むものではない!電子書籍は出版するもの!!
~電子書籍をビジネスに活用する方法~

(以下、Amazon販売ページ商品説明を引用しています。)

※ご注意ください※
本書は電子書籍出版ビジネス、電子書籍出版ビジネス講座をご紹介する内容で構成されています。
講座へのお申し込みフォーム、ランディングページへのリンクが設定されているページがあります。
以上をご理解いただいた上で、本書を手にお取りください。本書は、小さな会社の経営者や社長、個人事業主に起業家といった、スモールビジネスに取り組んでいる方に向けた内容です。あなたは多くの起業家が犯す最初の間違いが何か、わかりますか?
多くの起業家は、その間違いを間違いだとも認識していません。ですから、間違いを正すどころか、間違ったまま
時間とお金、労力を浪費してしまうのです。そんな事態に陥ってしまっている方、そんな事態に陥りたくない方は、本書を手にとってみてください。

あなたがもし、ビジネスで活用することができる実践可能なノウハウを求めているのであれば、本書を手にとって損はないでしょう。
決して大きな金額ではありませんが、収益と集客の両方に効果がある『電子書籍出版ビジネス』をご紹介します。

【目次】
・はじめに
・なぜ、このような内容になったのか?
・まず、お伝えしておくこと
・あなたは半年後、一年後の収入を把握していますか?
・収益が上がるまで、本当に続けることができますか?
・ビジネスの成果を上げることが、今のあなたの最優先事項です。
・収益を上げる難易度が低いビジネスで、今スグに収益を上げて成果を手にしてください。
・安定した収益を手にし続けてください。
・会社勤めの夜間、土日だけの時間でも十分です。
・(出版社で働いたので話せる)出版社が明かさない本当の話。
・文章を書く高度なスキルも必要ありません。
・作家を目指すこと、ベストセラーを目指すことはしません。
・出版社としての立場からビジネスに取り組んでいきます。
・ドカンッと一発大逆転!には、向いていません。
・安定した収益を継続的に上げ、毎月確実に収入を増やしてください。
・電子書籍を出版することで得られる“相乗効果”も手にしてください。
・メールアドレス獲得は、量よりも“質”が重要です。
・ここまで読んでくれたあなたは、もう実践できます。
・講座終了前に収益を上げることも可能です。
・『1ST BIZ(ファースト・ビジネス・プログラム)』の内容を簡単にご紹介すると、、、
-視点① 「より多く売れる、売れ続ける電子書籍をつくる」
-視点② 「出版作業の効果的な効率化をする」
-視点③ 「相乗効果を図り、収益の最大化を目指す」
・この講座はいくらの価値があるか、講座の価格は“あなた”が決めてください。
・よくあるご質問をご紹介しますので、参考にしてください。
・本当に、収益は上がるのか?
・あなたは「安定した収入を継続的に手にする」ための手段をもっていますか?
・収益を積み上げていきましょう!
・この講座はいくらの価値があるか、講座の価格は“あなた”が決めてください。

※ご注意ください※
本書は電子書籍出版ビジネス、電子書籍出版ビジネス講座をご紹介する内容で構成されています。
講座へのお申し込みフォーム、ランディングページへのリンクが設定されているページがあります。
以上をご理解いただいた上で、本書を手にお取りください。

電子書籍は読むものではない!電子書籍は出版するもの!!
~電子書籍をビジネスに活用する方法~