電子書籍『情報発信をビジネスにする』

内容説明

Amazonで発売開始しました。電子書籍で、価格は250円です。
情報発信をビジネスにする

(以下、Amazon販売ページ商品説明を引用しています。)

あなたは情報発信について、こんな間違いをしていませんか?
「別の人がもう情報発信している・・・」
「こんなこと、みんな知っているだろう・・・」
「自分より詳しい人なんてたくさんいる・・・」
あなたがもし、こんなことを思っているのであれば、それは違います。
あなたは情報や知識・ノウハウなどに対して、ちょっとした勘違いをしているかもしれません。
そのちょっとした勘違いに気がつくことで、ほかの人へのアドバイスはもちろん、もっと気楽に情報発信ができるようになります。

本書は「情報発信をビジネスにする」というタイトルのとおり、情報発信をどのようにビジネスにしていくのか、をテーマにしています。
今の時代、誰しもが情報発信をしています。ブログ、Facebook、Twitter・・・etc.
でも、多くの人は情報発信をした“だけ”で終わっています。なぜなら、情報発信がビジネスとして成り立つことを知らないからです。
もちろん、ビジネスなんて最初から考えていない、そんな人もいるでしょう。でも、こう考えるとどうでしょうか?

もし、情報発信することで、今の収入が増えるとしたら、、、

『情報発信をビジネスとして成り立たせる』ということをカンタンに言ってしまえば、
仕事もお金も他人が用意したものを“もらう”のではなく、自分でつくりだす(=自分で稼ぐ)ということ。

『自分で稼ぐ』ということは、中心に自分がいなければなりません。
すべてが自分から始まる(=自分から情報発信する)からこそ、自分でコントロールすることができ、ビジネスとして成り立つのです。
「ビジネス」というと、起業を思い浮かべるかもしれませんが、別に副業でも構いません。

ビジネスに取り組む初期は、仕事から自宅に帰ってきてからの時間や休日を使ってスタートするのでも十分です。

では仮に、あなたがすでにビジネスをしている場合、本書「情報発信をビジネスにする」は無駄かというと、そんなことはありません。
もちろん、本書を多くの人に手に取って欲しいとは思いますが、それだけの理由で「無駄ではない!」と言っているわけではありません。
本書が無駄にならない理由のひとつは、「ビジネスは情報発信からはじまる!」からです。
当たり前のことですが、情報発信が必要ないビジネスなど存在しません。
情報を発信することはビジネスをするうえで、絶対に必要なことなのです。

あなたがすでにビジネスに取り組んでいるなら、、、
あなたが起業を検討しているなら、、、
あなたが副業で収入を増やそうと考えているなら、、、

是非、情報発信について、考えてみてください。

目次
はじめに
第1章  不安な気持ちはプラスに働く。
第2章  情報の価値を考える。
第3章  情報発信では実績を売らない!
第4章  あなたが情報発信で打ち出すもの。
第5章  経験を売る。
第6章  「量」は重要。でも、それだけではダメ。
第7章  情報発信ビジネスを失敗する理由。
第8章  セルフイメージが成否を分ける!?
第9章  今から情報発信をビジネスするからこその強み
第10章  コンテンツ販売 ⇒ コンサルティング
第11章  高い利益率を実現するために必要なこと
第12章  情報発信の要になるモノ。
第13章  情報発信ビジネスの今後と取り組み方。
おわりに
読者限定特典(ひとりでできる!“集客”バイブル)

読者限定特典(ひとりでできる!“集客”バイブル)では、自分一人でも実践できる9つの集客方法をご紹介します。

情報発信をビジネスにする