税理士の基本的な業務は、どの税理士がやったとしても、おおもとの(会計や税務の)ルールが同じなわけですから、仕事の内容も結果も大差ありません。つまり、税理士なら誰がやっても同じ・・・。だったら、そりゃあ「安い方がイイ」ってなるのは当然です。

それに、税理士は専門知識を武器として、それを売ろう(提供しよう)とします。これは、専門知識こそ武器だと考えているからこそですが、これは税理士の勘違いです。税理士試験をパスするために身につけた税理士の膨大な専門知識は、ひとり社長には必要ありません。

「必要ない=求めていない」だから、税理士の武器にはならないし、ひとり社長に対しての付加価値にもなりません。

開業税理士であるあなたにとって武器になるのは「顧問先のデータ」です。
“開業”と強調するのは「顧問先のデータ」が、すべてあなたのもとに集まるからです。これは、開業税理士だけで、雇用されている税理士にはない、“特別”な武器になります。

にもかかわらず、多くの開業税理士はこの特別な武器である「顧客先のデータ」を活かしきれていません。日々の基本的な税理士業務に追われて、それどころじゃないので・・・。
でも、言いましたよね、税理士なら誰がやっても同じ結果なら「安い方が良い」になると。

「顧客先のデータ」はただ手元に持っていても武器にはなりません。そこで『3つの数字』です。